"3年間長期保存食品"を買ってすぐ食べる

a0260525_21572263.jpg

あずきバーで有名な「井村屋」さんの"チョコえいようかん"が美味しいといううわさを聞きました。


3年3か月保存できるという、備蓄用の羊羹。
ですが…
早速いただきまーす!


a0260525_22072578.jpg


あけたときのチョコのいい香り。
濃厚でしっとりとした羊羹。
めちゃめちゃおいしそう!!


ひとくちかじると、チョコと羊羹がちょうどいいバランス、そして甘さもいい加減ですごくおいしい!
素晴らしい~!

ただちょっと気になるのは最後に口に残る香り。
なんだろう、ちょっと気になる。
これがなければパーフェクトでした。


近々「羊羹の会」があります。
チョコ羊羹の参考にしようと味見をしたのです。
味はこんな感じにできたらいいな~と思うのですが、今からいくつか試作していこうと思います。


それにしても、避難先などでこんなおいしいものが食べられたら気持ちが少し落ち着きますよね。
避難所で使うことなく家で消費することになるのが一番ですが…


井村屋さんさすがです。






[PR]
# by yururaka | 2017-09-26 21:56 | そのほか | Comments(0)

幼稚園えらび

a0260525_21034983.jpg

もうすぐ私立幼稚園の願書提出日。
去年の今頃、わたしは娘の幼稚園をどこにしようかすごく悩んでいました。


いやでも、説明会にいったとき、園内の見学にいったときに答えはあっさりと出ました。
あっちにしよう!


その幼稚園はお弁当だけれど、園舎も古く昔ながらの雰囲気だけれど、お迎え時間も少々早いけれど、
でもこの雰囲気がわたしにぴったりだな~と。



自転車で送って迎えにいきたいと考えていました。
そして幼稚園生活が始まり、実際に写真の風景を見ながら幼稚園にむかうときの幸せさは言葉にあらわせません。
「わ~気持ちいいね~!!」と叫びながら自転車をこいでいる人は私です。
もう何とも言えない幸せな気持ちで、この幼稚園にしてよかったー!と思うのです。

a0260525_21170410.jpg

ある5月の幼稚園帰り、
きれいな水路に魚をみつけました。
透明度抜群のきれいな水。


自転車をおりてふたりでのぞくと、鮎が2匹泳いでいます。
すると近所のおじちゃんが「魚おったやろ」
また次にきたおばちゃんが「鮎いるやろ~」と話しかけてきます。


なんでもないことなのですが、なんかいいな~とほんわかした気分になる帰り道。
こんなことまで「あ~この幼稚園にしてよかった」と思ったものです。



ひとそれぞれ「しあわせ~!」と感じるポイント、大事にしたいポイントがちがいます。
すべての希望がぴーったりあう幼稚園がないかもしれません。
だからこそ悩むのですが…


直感を大切に。
どうかみなさん、いい幼稚園と出会えますように(^-^)
心よりお祈りしています。


a0260525_21330791.jpg





[PR]
# by yururaka | 2017-09-25 21:03 | そのほか | Comments(0)

10/6・17「羊羹の会」ご案内

a0260525_07595418.jpg

高槻市の北部、安岡寺町の自宅でいろんなものをみんなでつくる「ゆるらかキッチン」です。
おひとりでも。赤ちゃん、こどもも一緒に。

9月はお休みさせていただき、いよいよ10月から再始動です!
まずは予告させて頂いていた「羊羹の会」を開催致します。

●『羊羹の会~いろいろようかん~』ご案内●

"羊羹"  
普段あまり食べる機会がないお菓子かもしれません。
私も「甘い、とにかく甘い」と思っていたので自分で買うことはありませんでした。

でも東京の和菓子ユニットのドライフルーツやくるみを入れたおしゃれな羊羹を見たときに、食べてみた~い!とおもったのです。
お酒に漬けたドライフルーツが入っていてワインにも合うそうですよ。
まだ食べたことはありませんが、いつか食べる日を楽しみに♪

今回はこどもたちも食べられるように、お酒には漬けずに作ります。
少し食べやすいようにあんも薄めに、水羊羹風に。
クルミの食感やフルーツの酸味とあんこの甘さの組み合わせを楽しんでみてください。

もうひとつは"チョコ羊羹"
チョコ風味の羊羹を作ります。
こちらは今から試作です(^-^ゞ
美味しいものができるといいなぁ
あんこが苦手な人も食べやすいかもしれませんね。

当日はドライフルーツとクルミの水羊羹をパウンドケーキ型1/2サイズを持ち帰ります。

羊羹の会を一緒に楽しみましょう。
みなさんのお申し込み、お待ちしております。



○日時 2017 年10月6日(金)・17(火)
10:00~13:30頃
○費用 2600円(和菓子持ち帰り、軽めのlunchつき) こどもlunchは+200円
○持ち物 エプロン、手拭き
○場所 ゆるらかキッチン 高槻市安岡寺町4丁目(車可)
「松が丘」バス停徒歩5分

ご予約、お問い合わせはメールでお願いします
 ※※アドレスが変わりました  yururaka.k@gmail.com

名前、住所、ここまでの交通手段
おこさん同伴の場合は名前、年齢、こどもlunchがいる場合はアレルギーの有無、お友達と参加の場合もお知らせ下さい。

※こどもlunch150円から200円にさせて頂きました、どうぞよろしくお願い致します








[PR]
# by yururaka | 2017-09-24 06:55 | 手づくりイベントのご案内 | Comments(0)

出張! 秋の和菓子づくり

a0260525_17012749.jpg

3連休あけの火曜日、隣の街茨木市へ和菓子作りにいってきました。
生協の講座で無料ということもあって、たくさんの参加者24名の方がきてくれました。

特に3、4歳のこども連れの方が多く来てくれましたが、この生協講座は1歳以上は託児があるので、思う存分作ることを楽しめます。

「秋の和菓子」ということで、"くるみ餅"と"稲穂の練りきり 茶巾絞り"の2種類を作ることに。

毎回、初めてお邪魔する施設、コミュニティセンターや公民館などの調理室なので、行ってみないとどんなところなのかわかりません。
調理道具も「まぁこのくらいはあるだろう」と思っていても、引き出しや戸棚をあけて探しまわってもみつからなかったり…

今回作るくるみ餅や練りきりを作るのには耐熱ボウルが必要です。
あるだろうと思っていたらありませんでした。

大きな容器はみたところすり鉢しかない…
困っていると、みなさんがスマートフォンで「すり鉢は電子レンジで使えるか」を調べてくれて、結果OKということですり鉢を使うことにしました。

人生、臨機応変にいかねばなりません。

そしてこの日、なぜか参加者が増えていました。
当日キャンセルはよくあることで、人数が減ることはありますが増えることはほぼありません。

足りない材料がありましたが、和菓子は多少分量が違っても平気です。
このおおらかなところ、和菓子のいいところだなとも思うのです。

くるみ餅のとろんとした求肥に四苦八苦しながらも、みなさん楽しく美味しそうな餅ができました。
巾着絞りも意外にきれいな形に絞るのが難しく、私もなかなかうまくできない和菓子のひとつ。

でもそれもいいのでしょう。
きれいな形にできなくてもこのおもしろい形を楽しむ、自分が作ったものをいとおしく思う。
それが手作りの良さです。


さて、最後にお抹茶もたてて、皆さんに和菓子と抹茶の最高な組み合わせを楽しんでもらいました。
「日本人でよかった~やね!」のお言葉、いただきました!
楽しい時間でした。ありがとうございました。

a0260525_08144953.jpg




[PR]
# by yururaka | 2017-09-20 08:14 | 教室のようす | Comments(0)

今後の手作りの予定

a0260525_21313815.jpg


朝夕急に涼しくなり、いつもより早い秋に驚いているこの頃です。
さてさて、遅くなりましたが今後の手作りの予定をお知らせ致します。

夏休みは遊んで遊んで遊んで。それから2回のこどもcooking、3回の出張和菓子教室であっという間でした。
駆け足で過ぎた8月…
9月は少しゆっくりして…と思いましたが、やっぱりなにか作りたい。

でも日がないのです(;_;)
なにかと用事が入っていて9月は無理そうなので、やはり10月からとさせて頂きます。

まずは「羊羹の会」
ドライフルーツと胡桃との組み合わせがたのしい水羊羹です。
チョコの羊羹なんかもできたらとわくわく考え中です。

それからずっとずっと作ろうと言っていた「自家製ウスターソース」
ことこと煮込んでいる間にコロッケをたくさん作って、かけて食べたら美味しそう!

詳しい案内は次回させて頂きます。
よろしくお願い致します(^-^)





[PR]
# by yururaka | 2017-09-05 21:30 | 手づくりイベントのご案内 | Comments(0)

夏休みは滋賀へ③

a0260525_06320882.jpg

高槻市の小学校の夏休みはとうとう終わりました。
息子は登校日の朝まで宿題をしていて、ふふふ…となりました。
最近の子どもはちゃちゃっと早めに終わらす方が多いようです。

息子はこの夏とてもいい経験をさせてもらったので、登校日に宿題をしている姿をみてもしかる気にはなりませんでした。
仏のようです。


さて、夏休み中に大好きな滋賀へいって参りました。
琵琶湖と山がある湖西側も好きですが、三重県に近い地域も好きです。

伊賀にある「山田牧場」さん
こだわりの低温殺菌牛乳がイチオシ。
こちらに乳絞りとバター作り体験にやってきたのです。
友達がもってきてくれた「パフさんとコップくん~パフさんバターをつくる~」という絵本もよんでばっちり。


3歳娘は手を後ろに組んで、無言の「わたし、やらない」を発信しておりましたが、息子は上手に絞っていました。
牛のタビカちゃんはとっても静かにしていてくれる牛さんで、なんとなんと背中にものせてくれました。

a0260525_06392482.jpg

バターは生クリームからできます。
瓶を10分ほど振り続けると塊ができる、それがバター!
喜んでこどもたちが振ってくれて、完成です。
やわらかクリーミーなバターでした。

a0260525_06494966.jpg


同じく伊賀のモクモクファームへ移動中、以前寄ったことのあるギャラリーを発見。
「ギャラリーやまほん」さん
Uターンしてお邪魔させてもらいました。

a0260525_06500007.jpg

素敵なカフェも併設されています。
京都にも「やまほん」さんがありますが、こちらがスタートの地。のはずです。

ペコちゃんの棒つきキャンディーをなめているこども3人を連れて入るには申し訳ない気持ちがありましたが、ギャラリーの方もなにも言わず見守ってくださいました。
ありがとうございます。

モクモクファームでは無農薬または減農薬の野菜がお安く買えます。足湯も無料(^-^)
ぶらりとまわって、高槻へ戻りました。

翌日は息子の誕生日。
モクモクファームで買ったモロヘイヤとししとうはパーティー向きではなかったな…と思いながら、家へと帰りました。

日帰り旅行大好きです。
リフレッシュできました!






[PR]
# by yururaka | 2017-08-26 06:31 | そのほか | Comments(0)

1日 池田

a0260525_17034699.jpg

池田市へいって参りました。
7時半に出発する予定が、準備をしていたら8時に…
コンビニエンスストアで朝ごはんを買おうとしたら、「財布がないー!」

波乱の予感にドキドキしながらむかった会場は、緑が豊かな小さな集落にありました。

おとな10人こども17人ほどが集まり、和菓子作りがスタートしました。
生協関係の催しなので、できるだけ生協のものを使い、余計な添加物は使わないようにしています。
例えば練りきりの着色は、かぼちゃパウダーや紅麹、抹茶などを使って。

a0260525_16270369.jpg

参加者の中のこどもで、最年長は中2の男の子。
とても上手に、そして楽しく作っていて私もうれしくなります。
小さなこどもにもどんどんやらせて、お母さんたちは見守って。
すごく素敵な人たち。

a0260525_16272941.jpg

結局、朝の波乱の予感ははずれとなり、
新たなご縁もいただいて、元気をもらって帰途に。


さて、この時点で13時。
昨夜は遅くまで準備をしていたので一刻も早く帰りたい私。
しかし娘が「帰りたくなーい」というので、五月山動物園にいくことにしました。

無料の小さな動物園。
全部みても30分かかるかかからないかの規模なので、覚悟を決めて。

a0260525_17005910.jpg

アルパカ、羊、エミューなどにはえさやりができます。
最中をパカッと割ると、中にエサがはいっていて、アルパカには手で直接あげることができるのです。

a0260525_17053953.jpg


動物ふれあいコーナーにはうさぎ、亀、烏骨鶏、モルモットが。
名物ウォンバットは外にでていなかったので見られませんでしたが、満喫できました。

a0260525_17082109.jpg

いちごかき氷も食べて「さぁ帰ろう!」という気持ちになったと思ったら、それは私だけでした。
結局、隣の公園で遊んでふたりで汗びっしょり。
高槻へ戻れたのは18時でした。

まる1日池田を満喫。
五月山動物園にはまた涼しくなったらいこうと思います。
夜は9時に就寝!お疲れ様でした!

a0260525_17003005.jpg





[PR]
# by yururaka | 2017-08-24 16:25 | そのほか | Comments(0)

夏休みは滋賀へ②

a0260525_15031407.jpg

琵琶湖の湖畔をあとにして、近くの温泉施設にやってきました。
私は昨夜ゆっくりとつかったので、近所を散策。

自宅兼店舗の前で、梅干しを干している姿をみかけたパン屋さん「炭んこパン」へ。
国産小麦と天然酵母をつかっているそう。

a0260525_06161235.jpg

こだわりパンの話と、梅干しのお話を少し聞きました。
「いつも何キロ漬けてるんですか?」
「25キロですよ」とのお答え。

梅干しは干すと半分の重さになるといいますので、それでも12キロほどあります。
「食べられるんですか?」
「なくなりますよ~」

びっくりです。
でも途中で在庫がなくなって、スーパーで買うよりもたくさん漬けておくほうがいいですね。
来年6月はたくさん漬けようと心に決めました。


さて、2日目はどうしようかと考えているときに、キャンプ好きの知り合いが話していた場所を思い出しました。
調べてみると、ここから車で1時間。

お盆真っ只中、いっぱいかもしれないな~と思いながらいってみると、ちょうど入れ替わりのいい時間。
やった~いい場所が確保できました‼

遮るものがなく最高の景色!!
本当に気持ちがいいところです!

a0260525_15222803.jpg

キャンプ場ではないので、炊事場などの施設も簡素なものです。
それゆえ、キャンプ慣れした上級者も多く、
おしゃれなテントもたくさんみかけました。

飯ごうでのご飯炊きもさまになってきた息子。
今回もおいしくできました。

a0260525_15224909.jpg

近くに道の駅があるので、原木しいたけやじゃがいもなどの野菜を買って夜ご飯にしました。

これは来年の北海道旅行の練習でもあります。
フェリーで車ごと北海道に渡り、テントで寝たりペンションに泊まったり、ぶらぶらと旅をすることにしています。

a0260525_15230419.jpg

息子が10歳になるときにいこうと、もう何年も前から決めていました。
10歳はいろいろなことを自然に吸収できる年齢だそうです。
11歳では恥ずかしさがでてきたり、物をナナメに見てみたりと複雑になってくるそうで、やはり10歳がベストだと。

そういえば私も10歳までの記憶はあやふやですが、それ以降のことははっきりと覚えていることが多いのです。
とにかく大事な時期なのだと思います。

さて、滋賀キャンプ2日間は大満足で終わり、京都の大原をぬけて帰ってきました。
いつもテレビで見ているベニシアさんのいる大原。
「大原の里」にも寄り道して、高槻へと戻りました。

いい場所を教えてくれたお友達に感謝!





[PR]
# by yururaka | 2017-08-23 06:15 | そのほか | Comments(0)

明日は池田へ 「親子和菓子作り」

a0260525_00345018.jpg

夏休み、いよいよ残り数日となりました。
明日は池田市へ「親子和菓子作り」にいってきます(^-^)

30人分せっせと準備をしていますが、ただいま0時50分。
まだ鮎焼きの準備が残っております…

明日は
ドライフルーツとくるみの水羊羹、菊の練りきり、鮎焼きの3種類を作るのですが、
ドライフルーツの水羊羹はいちじくのプチプチ感がたまらなく美味しく、ゆるらかキッチンでもぜひ作りたい一品です。

開催したい「羊羹の会」、10月頃にと思っています。
9月はちょっとお休みさせていただき、10月に再開予定です。
詳細が決まりましたらこちらのblogにてお知らせ致します。

残りの夏休み、みなさまもどうぞ楽しんでください。
私は息子の宿題のまるつけがたくさん残っており、最終日に息子とともにがんばります。

ではおやすみなさい。







[PR]
# by yururaka | 2017-08-23 00:32 | お知らせ | Comments(0)

夏休みは滋賀へ①

a0260525_21252064.jpg

雄大な比良山と空、広い田んぼの光景が大好きです。
ここは琵琶湖の西側。

みなさんは夏休み、いかがお過ごしですか?

私は滋賀が大好きで、毎年キャンプにいっています。
車にキャンプ道具を詰め込んで、2時間ほど走ればお気に入りの浜につきます。

近くにはスーパー「アルプラザ」もあるし、コンビニもあるので、万が一忘れ物をしても大丈夫。
そんなお気楽なところです。

でも小さな忘れ物なら、「かわりにこれ使おう」とか、ちょっと考えて工夫して。
便利な生活からすこしだけ離れ、非日常を味わうのがキャンプの醍醐味です。

さてさて、今回は「STAUB」でのパン作りに挑戦しました。
コンロで10分、蓋の上にも炭を置きました。
夜の時点では焼き色もなく色白のパンでしたが、朝起きてあけてみたらこんがりといい色に。あら不思議。

こねが足りず、表面がぶつぶつのパンになってしまいましたが、食べたらおいし~~!!
最高でした。

a0260525_08180290.jpg



夕方にはこんな美しい琵琶湖の光景が見られます。
ちょっと青春なひとコマ。
日本一大きな湖が近くにあってよかった~!

a0260525_08181743.jpg


比良山の麓にはおしゃれなカフェやパン屋さん、雑貨店などもあります。

温泉にも必ず寄ります。
夕方は比良登山のお客さんと湖水浴のお客さんとで混雑しますが、キャンプにきて温泉に入れるのは幸せです。


いつもは1泊で帰るキャンプですが、今回はいいところがあればもう1泊しようと思っていました。

そうしてみつけた、素敵なところ!!
②に続きます。




[PR]
# by yururaka | 2017-08-17 21:23 | そのほか | Comments(0)


高槻市にある 昔ながらの食事と手づくりを楽しむ自宅の教室です                      (こども連れ歓迎)


by yururaka

画像一覧

最新の記事

"3年間長期保存食品"を買っ..
at 2017-09-26 21:56
幼稚園えらび
at 2017-09-25 21:03
10/6・17「羊羹の会」ご案内
at 2017-09-24 06:55
出張! 秋の和菓子づくり
at 2017-09-20 08:14
今後の手作りの予定
at 2017-09-05 21:30
夏休みは滋賀へ③
at 2017-08-26 06:31
1日 池田
at 2017-08-24 16:25
夏休みは滋賀へ②
at 2017-08-23 06:15

最新のコメント

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

検索

タグ

外部リンク

ファン

ブログジャンル